スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<電子書籍>市場に変化 紙に代わる価値生む?(毎日新聞)

 電子書籍も読める米アップルの新型携帯端末「iPad(アイパッド)」が先月末、日本でも発売された。出版界にとっては“黒船来航”といわれ、携帯電話向けの漫画配信が中心だった日本の電子書籍市場に変化の兆しが見え始めている。電子書籍が本格的に普及すれば、日本の出版界はどう変わるのだろうか。【佐々本浩材】

 ■作家は

 アイパッド発売の8日前の5月20日。講談社は東京都文京区の本社で、作家の京極夏彦さんの小説『死ねばいいのに』を電子書籍として配信すると発表した。“紙”の単行本は5日前に発売されたばかり。大手出版社が新刊の文芸書を電子配信するのは初の試みだ。会見に同席した京極さんは「何らかの指針となるなら、と実験台を買って出た」と語った。

 価格は紙の本1785円に対し、アイパッド版は900円。講談社の野間省伸(よしのぶ)副社長は「実験的な意味合いが強い。作家の協力を得られたため、読者に体感してもらう機会を用意した」と説明した。今後は五木寛之さんの小説『親鸞』(5月12日から1カ月間、ネット上で無料公開)や京極さんの次作を電子書籍として有料配信する予定。だが、今のところ、それ以外の計画はないという。

 アイパッドが発売された5月28日には、日本電子書籍出版社協会(旧電子文庫出版社会)がアップルの多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」用のアプリケーションを同日から無料で提供すると発表した。秋にはアイパッド用も無料提供する予定。同協会の加盟社は2000年から、パソコン向け電子書籍販売サイト「電子文庫パブリ」に小説などを配信してきた。これで1万点以上がアイフォーンなどでも読めるようになったが、新刊書は含まれていない。

 同じ日、東京都書店商業組合(大橋信夫理事長)は、書店の店頭にデジタルサイネージ(電子看板)を設置し、客を電子書籍販売サイト「ブッカーズ」へ誘導する実験を始めた。このサイトは同組合が2年前に立ち上げたものだ。

 今後は、書店で紙の本か電子書籍かを選んで買えるようにしていきたいという。小橋琢己・同組合常務理事は「電子書籍を入り口にして、紙の本の購入へ結びつけたい。書店はそういう演出や見せ方のノウハウは持っています」と語る。

 ■端末は着々

 日本の電子書籍の市場規模は08年度で464億円(インプレスR&D調べ)。その86%が携帯電話向けで、漫画が中心だった。文芸書などの新刊の配信については、大手出版社はまだ様子見の感が強い。もっとも、米アマゾン・ドット・コムの「キンドル」やソニーの「リーダー」など、読書専用端末の日本語対応版が早ければ年内に発売される見込みで、水面下で新時代への準備を続けているようだ。

 近い将来、紙の本は消え、完全に電子書籍に切り替わってしまうのだろうか。電子書籍が急増し、紙の本の部数が大幅に減った場合、「印刷などのコストがかさむ紙の本をやめ、電子書籍のみにしてしまう選択肢が浮上する」と予想する出版関係者は多い。

 しかし、京極さんは「現実的には考えられない」と否定的だ。「両者はユーザーも異なり、補完し合うことはあっても食い合うことはないと確信している」と話す。講談社の野間副社長も「作品を読む手段が増えることで、新たな読者が生まれていく」と相乗効果を予想している。

 ■出版社は

 電子書籍を巡って関係者がささやくもう一つの予想は「出版社が不要になる」というものだ。電子書籍は基本的に、だれでも容易に出すことができる。例えばアマゾンは米国で、サイト上に原稿をアップロードすれば、出版社の本と同じ土俵で販売するサービスをすでに始めている。条件に合えば販売価格の7割が著者に支払われるため、出版社を経由せずにアマゾンと直接取引するプロの作家も増えている。

 出版関係者によると、アマゾンの日本法人は1月下旬、出版社を集めてキンドルへの電子書籍の配信を呼びかけた。その際「日本で作家と直接契約することは今のところ考えていない」と明言したという。だが、「作家の○○さんはすでにアマゾンと接触した」といううわさも飛び交う。

 こうした状況でも、野間副社長は自信を見せる。「これからの編集者に求められるのは書籍のプロモーションから、映像・ゲーム化や海外展開まで、いかに作品をマネタイズ(お金に変えること)できるか。そうした能力では、出版社に一日(いちじつ)の長があると思います」

 電子書籍の将来像はまだ、だれにも明確に見えていないだろう。デジタルビジネスのコンサルティングなどをしているワイアードビジョンの竹田茂社長は電子書籍関連のイベントで「実は電子書籍をユーザーが望んでいた事実はない。紙に代わるような価値を生み出して初めて電子書籍は成功する。言葉だけをはやらせようとするのは本末転倒」と指摘し、会場の共感を得ていた。電子書籍は読者に新たな世界を体験させられるのか。肝心なのはこれからだ。

 ◇電子書籍を巡る動き◇

95年11月 パソコンを通して電子書籍を販売する「電子書店パピレス」がスタート

00年 9月 大手出版社8社が「電子文庫出版社会」を設立し、パソコン向け電子書籍販売サイト「電子文庫パブリ」を開設

02年 1月 新潮社が携帯電話で「新潮ケータイ文庫」のサービス開始

04年 2月 松下電器(現パナソニック)が電子書籍専用端末「シグマブック」を発売(08年、製造中止)

04年 4月 ソニーが専用端末「リブリエ」を発売(07年、国内向けは製造中止)

07年11月 アマゾンが米国で専用端末「キンドル」を発売

08年 9月 作家の瀬戸内寂聴さん(ペンネーム・ぱーぷる)がケータイ小説「あしたの虹」を発表

09年 2月 アマゾンが米国で新機種「キンドル2」を発売

09年10月 米大手書店バーンズ&ノーブルが専用端末「ヌック」発売

09年12月 アマゾンが「クリスマス当日の販売数で電子書籍が紙の本を上回った」と発表

09年12月 ソニーが米国で無線通信機能付きの専用端末「リーダー」の新機種を発売

10年 4月 アップルが新型携帯端末「アイパッド」を米国で発売

10年 5月 日本と欧州などで「アイパッド」発売

【関連ニュース】
iPad:本格普及はソフトが鍵…28日、日本発売
第1特集:電子書籍革命
電子書籍:市場に変化 紙に代わる価値生むか
iPad:あす日本発売 本格普及はソフトが鍵
電子書籍

<猟銃>鳥獣駆除作業中に2人死亡 銃で撃たれた跡 京都(毎日新聞)
4歳長女を殴るける、やけどの跡も…父ら逮捕(読売新聞)
暴力団会長、生活保護費を不正受給=466万円詐欺容疑で逮捕―大阪府警(時事通信)
<撮り鉄>50歳男性を書類送検 鉄道地内立ち入り容疑(毎日新聞)
「いちいち目くじら立てられない」 山岡氏、菅氏の小沢はずし発言に(産経新聞)
スポンサーサイト

<サンゴ>無数の星のように…沖縄・石西礁湖で産卵 (毎日新聞)

 国内最大のサンゴ礁域、沖縄県・石垣島と西表島の間に広がる石西礁湖(せきせいしょうこ)で27日夜、サンゴの「産卵」があった。水温25度以上の大潮前後が産卵時期とされるが、実際に目にするのは難しい。

 卵のように見えるのは「バンドル」と呼ばれ、20個ほどの卵と精子が入っている。午後9時すぎ、イシサンゴの仲間、スギノキミドリイシサンゴが直径1~2ミリのピンク色のバンドルをぽつぽつと放出。周辺の同種サンゴもこれに続き、夜空に無数の星が散らばったような幻想的な水中風景が広がった。

 バンドルは海面に上昇してはじけ、他の個体から出た卵や精子と出合って受精する。【三村政司】

【関連ニュース】
サンゴ:久米島に大群落 国内最大規模か
サンゴ礁:命はぐくむ「海の熱帯林」 世界で3分の1がピンチ
サンゴ:誕生記念で移植 記念写真を額装し販売 /沖縄
サンゴ:白良浜沖100メートルで確認 “命名”しららサンゴ群集 /和歌山
au:1キロ走るたびに1円寄付 サンゴ保全活動

<もんじゅ>新燃料移送中にトラブル(毎日新聞)
<東京都条例改正案>性的漫画規制、民主が反対方針(毎日新聞)
前原国交相、リコール制度見直しに「消費者委員会に協力したい」(レスポンス)
<普天間問題>鳩山首相、福島消費者相を罷免(毎日新聞)
金星探査機 あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像(毎日新聞)

「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し(読売新聞)

 宮崎県内で被害が拡大している口蹄疫を巡って、農林水産省が最初の感染疑い例を確認した3週間前の3月下旬、同県家畜保健衛生所が、感染した水牛を診察しながら発生を見逃していたことがわかった。

 同省などによると、同県都農町で水牛を飼育する農家から、かかりつけの獣医師を通じ、県家畜保健衛生所に「水牛が発熱している。牛乳の出も悪い」という連絡があったのは3月31日。

 この日のうちに同衛生所の職員は立ち入り検査を実施し、4頭の水牛に発熱や下痢などの症状が出ているのを確認した。しかし、「普段の下痢」と判断して口蹄疫の可能性を疑うことなく、通常の風邪の検査をしただけで、同省にも報告しなかったという。

 この水牛農家から南東に600メートル離れた繁殖牛農家では4月9日、口の中がただれた牛が1頭見つかった。同衛生所はこの時も口蹄疫と見抜けず、20日に「最初の感染事例」として発表した。このため最初の水牛についても22日に血液の遺伝子検査を行った結果、ようやく23日に口蹄疫の感染疑いが判明したが、この時点で既に5例の感染(疑い含む)が発覚していた。口蹄疫の検査結果は通常、1日か2日で判明するため、もし3月末の段階で実施していれば4月初旬には拡散防止対策がとれたとみられる。

 口蹄疫は、早期に家畜の移動制限などを講じる必要があり、口蹄疫に詳しい後藤義孝・宮崎大教授(家畜微生物学)は「県が3月の時点で徹底した消毒などの対策を取っていれば、ここまで感染は広がっていなかった可能性がある」と指摘している。

石川議員、午後に再聴取へ=陸山会虚偽記載―東京地検(時事通信)
“鬼”の佐野氏が語る「究極の一杯」(産経新聞)
鎌倉市に1億円支払い命令=競輪事業撤退、平塚市が請求-横浜地裁(時事通信)
<内閣支持率>続落23%「危険水域」近づく(毎日新聞)
口蹄疫拡大、獣医不足が深刻化…全国に派遣要請(読売新聞)

<偽計業務妨害>ネットに皇族殺害予告…警視庁が容疑者逮捕(毎日新聞)

 インターネット掲示板に皇族を殺すと書き込んだとして、警視庁赤坂署は10日、愛知県東浦町、無職、江坂謙吾容疑者(26)を偽計業務妨害容疑で逮捕したと発表した。容疑を認め「書き込みを見た人が騒ぐ反応がおもしろかった」と供述しているという。

 逮捕容疑は、4月30日午後7時ごろ、自宅のパソコンからネット掲示板「2ちゃんねる」に、赤坂御用地(東京都港区)に暮らす皇族1人の名前を挙げて「殺します」と書き込み、数日間、赤坂御用地の警備を強化させるなど警察の業務を妨害したとしている。「軽い気持ちだった」と反省しているという。【内橋寿明】

【関連ニュース】
ネット中傷:接続業者の責任「限定的」 発信者開示は命じる--最高裁初判断
闇サイト:「道具屋」つなぐ 「振り込め」への架空口座供給源 「金欲しい」面識なし
学校裏サイト:ネットパトロールに本腰 有識者会議設置へ--文科省対策
中国:「大地震が起きる」 うわさ流布で5人拘束
ネットいじめ:県教委、防止事業開始へ /山形

<ベストマザー賞>“仕分け人”蓮舫が受賞「もらっていいの?」(毎日新聞)
袋詰め遺体、重りはいかり=女性の身元確認急ぐ-神奈川県警(時事通信)
<口蹄疫>宮崎の2市町で新たに確認 35例目(毎日新聞)
洋ラン 北海道に咲き誇る300株超 千歳・熱帯植物園(毎日新聞)
<カキツバタ>しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞)

事業仕分け人は議論のみ、判定は市民!奈良市7月実施(産経新聞)

 奈良市の仲川げん市長は、今年度の事業仕分けを7月3、4の両日に実施すると発表した。昨年11月に初めて実施した事業仕分けから方式を変更し、議論と判定を分離。新たに導入する60人程度の「市民判定員」が仕分け人の議論を聞き、「不要」「要改善」などの判定を下す。市は対象事業選定の参考とするため、市民が日ごろ感じている行政の「ムダ」についての情報提供を市のホームページなどで呼びかけている。

 前回の事業仕分けでは、公募市民6人が非営利の民間シンクタンク「構想日本」(東京都)のメンバーら仕分け人とともに議論と判定を行ったが、今回は仕分け人は議論だけを行い、判定は市民判定員が担当。約60人が2班に分かれ、多数決で判定を決めるという。

 市が無作為に抽出して案内状を送付した18歳以上の市民2千人の中から希望者が市民判定員として参加する。希望多数の場合は抽選となる。

 対象事業数は、1事業あたりの仕分け時間を前回より10分長い40分としたことから、前回の約半分となる32事業とした。

 行政のムダについての意見は、市のホームページのほか、市行政経営課がファクス(0742・34・5614)で受け付けている。

【関連記事】
埋蔵金1兆円超を発掘、国庫返納求める 事業仕分け
万博公園運営権「大阪府へ移譲」の判定 事業仕分け
UR賃貸事業は「縮減」 JAXAiは廃止 事業仕分け2日目
ニコニコ生放送、“事業仕分け”中継を会員以外にも開放
「まんとくん」フレーム写真が人気 平城宮跡4万人近い来場
「裸の王様」次に座るのは…

交通機関の優先席、本当に必要な人に 譲る人と譲られる人、お互いが気持ちよく(産経新聞)
【ニッポンの食、がんばれ!】ゼリーフライに地大豆おから(産経新聞)
名古屋市議会、市民税10%減税恒久化案否決(読売新聞)
仕事かぶる?3独法 仕分けられるか「消費者行政」(産経新聞)
平城遷都1300年祭スタッフ 戌亥バルバラさん 「歴史の素晴らしさ、知って」(産経新聞)
プロフィール

ふくしままさとさん

Author:ふくしままさとさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。